けんしんの株式投資

米国株・日本株・トルコリラについて思う事をつらつらと書いています

マイクロソフトの値動きを見て、暫く株価軟調を覚悟しておこうと思った

f:id:Ithere:20190721134412j:plain

 

けんしんです。

 

先週木曜にマイクロソフトの決算がありました。

決算後の動きを見て少し警戒しておいた方がいいかなと思うようになりました。

 

 

 

マイクロソフトは好決算だったが株価は上がらなかった

マイクロソフトの決算は市場予想を大きく上回る良いものでした。

決算を見てその後の株価上昇を期待したものでしたが、残念ながらほとんど変わらずとなりました。

 

マイクロソフトの株価は決算前からかなり上がっていたので、好決算を既に織り込んでいたという事でしょうね。チャートを見ても今年に入って如何に株価を上げて来たかが分かります。

 

好決算でも上げない事は当然考慮していましたが、実際に起きると悲しいものがありますね。

 

マイクロソフトの6か月チャート

f:id:Ithere:20190721134950p:plain
 

 

 

米国市場全体が高値圏

今回、マイクロソフトが好決算でも上がらなかった訳ですが、株価が高値圏にあることは米国株全体で言えることです。

 

S&P500は先日、史上最高値である3000を更新し、今もその付近にいます。

  

S&P500のETF(SPY)のチャート

f:id:Ithere:20190721140333p:plain

 

圧倒的な決算が出れば大きく上げると思いますが、ちょっと良い位の決算ではマイクロソフトのように株価が上がらないor下落する可能性があります。

 

市場全体が好決算を織り込み済みかも知れず、注意が必要です。

 

利下げの結果が今後に影響

ある意味決算以上に株価に影響を与えるのはFRBの利下げの結果です。

最近の株価上昇は利下げ期待で上げてきた面があります。

 

利下げがなかった、もしくは利下げ幅が小さければ失望売りの可能性があります。

しかも、市場予想上限の利下げでも材料出尽くしで下げるかもしれません。

 

ちなみに、現在予想されているのは、①利下げなし、②0.25ポイント利下げ、③0.50ポイント利下げの3パターンあります。

 

0.25利下げが有力のようですが、市場平均は0.31ポイント利下げのようなので、0.25だと株価が下がるかも知れませんね。

 

ちなみに、私は株価が落ちようとも現段階では利下げして欲しくない派です。

 

 

 

下げた時の心構えをしておく

今後も上がるか下がるか分かりませんが、下げる可能性も高いと思っています。

下げる場合の心構えをしっかりとしておきたいと思います。

 

いったん利益確定して、下げた時に買い戻す事も選択肢ですが、売って上がった時の悔しさの方が大きいため売ることはしないつもりです。

 

タイミング売買は非常に難しいですしね。

自分にその才能があるとは思っていません。

 

今後、保有銘柄の決算が本格化して来ます。

決算ミスがあれば相当な下げが来る可能性もあります。

 

下落の覚悟を心に刻んで、投資に向き合いたいと思います。 

 

関連記事

マイクロソフトの決算は良かったのですが、株価に反応はありませんでした。www.kenshin.xyz

 

利下げ期待で株価は大きく上げています

www.kenshin.xyz

 

  

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ