けんしんの株式投資

米国株・日本株・トルコリラについて思う事をつらつらと書いています

【フェイスブック】仮想通貨リブラを発表、既存の通貨や仮想通貨、決済系銘柄への影響が気になる

f:id:Ithere:20190619183854j:plain

 

けんしんです。

 

以前から噂されていた通り、フェイスブックが仮想通貨リブラを発表しました。

 

 

 

リブラとは??

フェイスブックが発行する仮想通貨

・発行は2020年を予定

フェイスブックのアプリ「メッセンジャー」や「ワッツアップ」で決済可能

フェイスブックとコンソーシアムを組む20数社で管理

・通貨のデータをユーザデータと切り離すことで個人情報を保護

・リブラの価値は種々の実物資産(実際の通貨、国債など)に連動

 

通常の仮想通貨との大きな違いは、ブロックチェーン技術ではなく監督者がいること、実物資産の裏付けがある事のようですね。

 

フェイスブックの業績への効果は未知数

リブラはフェイスブックにとって一大プロジェクトだと思いますが、業績への影響を見極めるのは難しいところです。

 

ノードの参加費は1000万ドル程度とフェイスブックの規模を考えれば影響が小さく、また送金手数料なども取らないようです。

 

正直、金融事業で儲けようという意思はないようにも思えます。

フェイスブック本業の利便性を高め、顧客の囲い込みを主としているのかもしれません。

 

フェイスブック経済圏のようなものを志向した場合、当たれば大きいですが、実現に苦労すると思います。儲けを志向せず、本業の補完程度で止めておくのも選択肢だと思います。

 

なお、リブラについては民主党議員が早速中止を求めたそうです。

本業のSNS同様、政府当局リスクは高そうですね。

 

 

 

既存の仮想通貨(ビットコインリップル等)への影響は?

リブラの影響を真っ先に受けると思われるのが、ビットコインリップルなどの既存の仮想通貨です。

 

もし、リブラが有力な仮想通貨として台頭してくるなら、既存の仮想通貨の存在感が下がります。

 

一方で、リブラが台頭してくることで、近年落ち目になりつつある仮想通貨全体が盛り上がる可能性があります。

 

パイ全体は拡大するものの、シェアが縮小するイメージですね。

リブラが程よく成功すれば既存の仮想通貨と共存すると思いますが、大成功を収めた場合はシェアを奪ってくると思われます。リブラが流行らないようなら影響なしでしょう。

 

仮想通貨は、ここ1週間で大きく上げていることから、市場としてはリブラの登場を好材料と考えているのかもしれません。

 

既存の通貨(円、ドル等)への影響は?

次に気になるのは、既存の通貨(ドルとか円とか)への影響です。

各国の中央銀行は通貨量をコントロールすることで金融政策を行っています。

 

仮想通貨が台頭すれば、中央銀行が関与できない通貨が流通するため、当局にとって実体経済の把握が難しくなります。

 

実際、途上国では、価値が下がりまくる通貨に嫌気がさし、仮想通貨を蓄財に利用しているとも聞きます。

 

フェイスブックは銀行口座を持たない人や海外送金できない人に金融サービスを提供すると言っているようですので、リブラの価値が高まれば途上国でのニーズが高まるかもしれません。

 

その場合、個人(特に途上国)にとって有益である一方、各国当局に睨まれる(規制が入る)かもしれませんね。

 

 

 

決済系銘柄(ビザ、マスターカード)への影響は?

最後に気になるのは、決済系銘柄(ビザ、マスターカード)への影響です。

 

ビザ、マスターカードを通さない決済方法が増える事になり、単純に考えれば悪材料になります。

 

また、先日、ビザがウエスタンユニオンと共同で国際送金システムを発表しました。この点もリブラと競合する懸念があります。

 

ただし、一方でビザやマスターカードはノードとしてリブラに参画します。

既存事業では悪影響を受けるものの、リブラの利益も享受できるため、ある程度相殺される気がします。

 

既存事業の悪影響については、決済市場が今なお急拡大していることを踏まえれば、多少削られることはあるにせよ、過度に恐れる必要はないかもしれません。

 

まとめ

リブラとその影響について考えてみましたが、現時点では未知数な部分が多い印象です。

何年か後にこの記事を見直したら、的外れな結果になっているかもしれません。

 

とは言え、実現性や影響が読み辛いとはいえ、期待を持ちたくなる内容ではあります。

私はフェイスブックの株主でもありますので、成功を心から願うものです。

 

仮想通貨については、トレードをしたこともなく、技術に対する知見もないため、しっかり勉強しつつ推移を見守っていきたいと思います。

 

関連記事

少し前まで反トラスト法違反でフェイスブックは総悲観でした

www.kenshin.xyz 

 

フェイスブックの解体を主張する議員がいます

www.kenshin.xyz

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ