けんしんの株式投資

米国株・日本株・トルコリラについて思う事をつらつらと書いています

トルコ遂にリセッション入りへ【2019年3月3週トルコリラまとめ】

f:id:Ithere:20190505101320j:plain

 

けんしんです。

 

最近、風邪でダウンしてしまいました。

年度末は仕事の負荷が上がるため、体調を崩しがちになります。

だましだましでやってましたが遂に限界が来ました。

明日には治って欲しいですが、果たしてどうなるか…

 

では、今週のトルコリラのまとめです。

 

トルコリラの1か月チャート

f:id:Ithere:20190316134646p:plain

(出典:ブルームバーグ

従来のレンジ相場だった20.70~21.10から一気に切り下がってしまいました。

 

トルコリラの1週間レート推移

f:id:Ithere:20190316134858p:plain

先週末に一気に下げたものの、そこからは踏みとどまっています。

 

今週のトルコ経済指標

f:id:Ithere:20190317145133p:plain

 予想比では2勝2敗だが、GDP・失業率といった重要指標が悪いのは苦しいところ。

 

指標はイマイチ(GDP、失業率)

今週は4つの指標が発表されました。市場予想との比較で下記の通りです。

 

・勝ち:1月経常収支、1月鉱工業生産

・負け:10-12月期GDP、12月失業率

 

GDP成長率は前年比でマイナスへ転落、前期比で2期連続マイナスとなりました。

 

GDP2期連続マイナスでリセッション入りとされますので、遂にリセッション入りした形です。

 

この辺りは前々から言われていたことですが、予想よりマイナスが大きいのが気がかりです。

ちなみに、次回2019年1-3月期もマイナスが予想されています。

 

失業率も悪いですね。予想では前月と変わらずでしたが、実際は大きく悪化しました。

 

鉱工業生産や経常収支は予想より良かったですが、重要指標を落としているため(しかも乖離が大きい)、実質負けという印象です。

 

 

 

リラ円レートはヨコヨコ

今週のトルコリラは20.40円台のヨコヨコの展開となりました。

先週の下げから一段下げはなかったので一先ずホッとしています。

 

特にGDPがこけた時はマズいかなと思ったのですが、上手く踏みとどまってくれました。トルコでは、今月末に地方統一選という大イベントが控えますので、動きにくかったのかなと思案しています。

 

経済の悪化、リスクイベントと見通しは暗い気がしますが、ここで踏みとどまり、反転してくれればと願うばかりです。

 

関連記事

1週間前のトルコリラまとめです。

www.kenshin.xyz

 

1か月前のトルコリラまとめです。

www.kenshin.xyz

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ