風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

日本株・米国株ともに安定して上昇、FRBのハト派傾向は続く?

f:id:Ithere:20190108193739j:plain

けんしんです。

 

最近、日米株とも上昇傾向で良い事ですね。

簡単に昨日の米国市場、今日の日本市場を振り返りたいと思います。

 

市場動向

米国株(1/7)

 NYダウ:23,433⇒23,531(+0.42%)

 S&P500:2,532⇒2,550(+0.70%)

 ナスダック:6,746⇒6,823(+1.26%)

 

日本株(1/8)

 日経平均:20,039⇒20,204(+0.82%)

 TOPIX:1,513⇒1,518(+0.39%)

 マザーズ:859⇒888(+3.26%)

 

10年債利回り

 米国:2.67%⇒2.70%

 日本:-0.03%⇒0.00%

 

指標(米国)

 12月ISM非製造業景況指数 57.6(予想59.0、前回60.7)

 

 

 

気になったニュース

アトランタ連銀総裁の発言

アトランタ連銀のボスティック総裁が2019年の利上げを1回にすべきと述べたようです。

ただし、「予想外に好調なら1回⇒2回に、予想外に低調なら1回⇒0回に」とのこと。

FRBは2019年の利上げ見込みを2回としていますので、ハト派的な発言ですね。

ボスティック氏は中立~タカ派のスタンスで知られることから、FRB全体が更にハト派寄りになるのか気になるところ。

 

世界銀行総裁辞任

世界銀行のキム総裁が辞任するようです。

世界銀行の総裁は米国の意向が反映される事が多いようです。

現在の米中対立を背景に、対中強硬派が次期総裁となる可能性があるとのこと。

今後の貿易戦争の激化も懸念され、注意が必要ですね。

 

 

日米株とも上昇基調が続いています。特に中小型株が強いです。

パウエル議長の発言以降、流れが変わっていますね。大変良い事です。

 

このまま堅実に上昇を続けることを期待しています。

 

 

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 為替ブログへ