けんしんの株式投資

米国株・日本株・トルコリラについて思う事をつらつらと書いています

【英国株】2018年株式投資振り返り

f:id:Ithere:20190602123445j:plain

けんしんです。

 

今回の記事は2018年振り返りの第4弾となる英国株となります。

元々、欧州はドイツ株とイギリス株を持っていましたが、ドイツからは既に撤退し、現在保有するのは英国株のみとなっています。

 

 

 

パフォーマンス

英国株は全体で▲8.7%の減少となりました。

英国の指標であるFTSE100(▲11.8%)を上回ることが出来ました。

 

ブリティッシュ・アメリカン・タバコが年初から50%もの下げを記録したものの、 保有比率の大きいBHPビリトンが昨年比で上昇したため、全体としては市場平均を上回りました。

 

現時点でポジションは大きく減少している

2018年初の段階では、①BHPビリトン(BHP)、②ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)、③ロイヤルバンクオブスコットランド(RBS)の3銘柄を保有していました。

 

しかし、9月にBTI、RBSを売却したため、現時点で保有するのはBHPのみです。

ちなみに、BTIとRBSは両銘柄とも損切りです。

 

BHPのみ保有を続けたのは有望だからという訳ではなく、2015年NISAで買っていたため、期限が切れるまで様子を見たかったというところになります。

 

今は期限を過ぎているため、何時売ってもおかしくない状態にあります。

 

 

 

2019年に向けて

英国株は通算でずっとマイナスという事もあり、潮時かなと考えていました。

昨年、BTI、RBSを売却したのも英国株からの撤退の一環です。

残ったBHPビリトンについても、NISA期間が完了した2019年に売却の方向で考えています。

 

しかし、一つ悩ましいのが、米FDAのメンソールタバコ禁止やブレグジット問題で、かつて保有していたBTIがこの上なく割安になっている事です。

 

将来解決する見通しがある訳ではなく、不透明感が大きいのですが、値ごろ感から興味を持ってしまう部分があります。

 

また、ブレグジットの悪影響の大きさは現時点では読み切れず、混乱が収まれば上昇する可能性もあります。そのため、完全に手を引くべきか悩む面もあります。

 

従って、現時点では、BHPビリトンをどこかで売却するのはほぼ確定、一方でBTIを買い戻す可能性もあるため、英国株から完全に撤退するかは未定というところになります。

 

撤退をメインプランにしつつ、動向を注意深く見守るというスタンスで行きます。

 

関連記事

米国株の2018年振り返りです

www.kenshin.xyz

 

日本株の2018年振り返りです

www.kenshin.xyz

 

トルコリラの2018年振り返り

www.kenshin.xyz

 

2018年の相場概観です

www.kenshin.xyz

  

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 為替ブログへ