風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

今週はマイクロソフト、アマゾン、アルファベットが決算。ハイテクの流れを変えて欲しい。

f:id:Ithere:20181007141841j:plain

けんしんです。

 

今回で150記事となりました。

我ながら良く続いたなと思うところです(*´ω`*)

 

さて、10月4週目に入りました。

今週は非常に緊張する一週間です。

 

何故かと言うと、マイクロソフト、アマゾン、アルファベットの決算があるからです。

 

 10/24(水)マイクロソフト

 10/25(木)アマゾン、アルファベット

 

ハイテク銘柄の株価は今月に入って大きく下落し、今も市場は混乱しています。

下記はナスダック100指数に連動するETF(QQQ)ですが、非常に大きな下落である事が分かります。

 

f:id:Ithere:20181021201412p:plain

 

この混乱を落ち着かせるためには、やはりハイテク大手の決算が良いものであること、つまり、マイクロソフト、アマゾン、アルファベットの3社が好決算を出すことが必要だと考えています。

 

 

特にマイクロソフトが気がかり

私はマイクロソフト保有しており、ポートフォリオで最大規模を誇ります。

そのため、特にマイクロソフトの決算が気になっています。

 

しかし、前にマイクロソフト買い増した時も書きましたが、IBMの決算を見て、マイクロソフトの決算について懸念を感じています。

 

マイクロソフト買い増し - 風林火山 投資録

 

それは、IBMクラウド成長が鈍化していることが、マイクロソフトにどう関係して来るかという事です。

 

再掲で恐縮ですが、下記のどれになるか戦々兢々です。

 

1.IBM同様、マイクロソフトクラウドが良くない(=市場全体が良くない)
2.マイクロソフト(アマゾン、アルファベット)がIBMのシェアを奪っている
3.他社と無関係にIBMがこけただけ

 

IBMは業績が厳しく、投資に回せる資金が限られるため、2か3の可能性が高いとは思うのですが…

 

もし、2か3の場合、3社のどこが勝つかという所がポイントになります。

私にとって、マイクロソフトが勝つ状況が最良です。

 

恐るべきは1だった場合ですね。この場合、マイクロソフト、アマゾン・アルファベットが何れも悪い決算となる可能性があります。

 

その場合、ハイテク全体が総崩れになる危険性があります。

ハイテク銘柄ホルダーにとって悪夢のような状況です。

 

不安を煽る真似はしたくないですが、私自身は非常に緊張しております。

 

なお、前回決算の時もハイテク銘柄は混乱しており、私はその時アップルに止める役割を期待していました。

 

www.kenshin.xyz

 

前回はマイクロソフト、アマゾン、アルファベットでは流れを変えられず、アップルが止めたという所になります。

 

前回より混乱の度合いは大きいですが、今回は無事止めてくれますように。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ