風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

GE格下げですかそうですか

f:id:Ithere:20181007142957j:plain

けんしんです。

 

先日、フラナリー氏からカルプ氏へのCEO交代を発表して、株価が上昇したGEですが、ムーディーズが格下げを検討しているとのこと。

 

 GEの信用格付け、ムーディーズが引き下げ方向で見直し

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の信用格付けを引き下げ方向で見直している。

ムーディーズは2日の発表資料で、GEとその金融部門を格下げ方向で見直しているとし、「1段階の引き下げにとどまらない可能性がある」と説明した。フィッチは前日にGEの格付けをウオッチネガティブに指定すると発表した。 

引用元:ブルームバーグ

 

今回の格下げは昨年に続いて2度目

ムーディーズは、パワー部門の悪化を理由に2017年にも格下げを実施しており(A1→A2)、昨年に続いての格下げとなります。

 

「1段階の引き下げに止まらない可能性がある」との事ですので、A3を通り越して、Baa1、Baa2への格下げもあり得るという事でしょうね。

 

借入コストが今後高まってくるのは少々厄介です。

 

 

 

個人的には格下げはあまり気にしない

ただし、格付けは下記の要因があるため、個人的にはさほど重視しておりません。

 

 ①格付けは株主というより、債権者が重視すべき指標であること

 ②遅行指標としての位置付けが強いこと

 

ジャンク級(ムーディーズならBa1以下)でしたら焦りますが、現状そこまで酷い状況ではないと思っています。

(もちろん、将来どうなるかは分かりません)

 

保有続行に支障はないものの、新CEO就任に水を差された形となり、厄介な時期に発表したなと思うところです。

 

GEに限った話ではないですが、格付け関連は発表が遅いため、危機が起こっている時に火に油を注ぐかのように発表されるのがしんどいところです。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村