風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

ここ数日マイクロソフトのニュースが多い(アドビ・SAPとの提携、新製品「Surface Hub 2S」発売ほか)

f:id:Ithere:20181007143307j:plain

おはようございます、けんしんです。

 

最近のマイクロソフトの株価は本当にいい感じです。

 

ハイテク株が最近不安定な中でも、着実に高値を更新する抜群の安定感を誇っています。

その点が評価されたのか、多くの投資家諸賢の興味を引いているように思います。

 

そんな動きに呼応したわけではないと思いますが、ここ2、3日マイクロソフトのニュースが多い気がします。

 

素通りしてしまうのは、株主としては問題なので少し纏めたいと思います。

 

 

1.アドビシステムズ・SAPとの連携 

 

セールスフォース包囲網 マイクロソフトなど新旧3社の意地

クラウドを利用した企業向けソフト分野で旧IT勢と新興勢力が交わる再編が動き始めた。米マイクロソフト(MS)は24日にアドビシステムズ、SAPとデータ分析での提携を発表した。3社連合に参加したアドビや、3社連合がライバルと想定するセールスフォース・ドットコムは過去半年の間にそれぞれ5千億円超の買収を進めている新興勢力。データが生み出す価値の高まりが、新旧の業界勢力図を変えつつある。

引用元:日本経済新聞

 

セールスフォース(CRM)は本邦個人投資家でも株式を保有している人を見ますね。

3社連合で立ち向かう辺り、恐るべき企業なのでしょう。

昨日、Twitterでも見ましたが、「MSFT、Adobe、SAP連合」vs「AppleCRM連合」という構図になるようです。

 

 

 2.買い切り型 の「Office 2019」提供開始

 

マイクロソフト、買い切り型の「Office 2019」提供開始

Microsoftが、Office 2016の後継となるOffice 2019を発表しました。WindowsMac向けにそれぞれ提供が開始されています。

引用元:ライブドアニュース

 

マイクロソフトクラウド製品への移行を推奨しているようですが、まだまだ通常のOfficeの人気が根強いようです。

確かに、私の会社もクラウド型のOffice365は使っておらず、専らOffice2013や2016が入っています。 

マイクロソフトの理想は違うのかも知れませんが、ユーザーのニーズに応えるのは大事ですね。

 

 

3.コラボデバイスSurface Hub 2S」、2019年2Q発売へ

 

マイクロソフトのコラボデバイスSurface Hub 2S」、2019年2Q発売へ

 Microsoftは、米国時間9月24日から開催中の「Microsoft Ignite 2018」カンファレンスで、セキュリティ、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)など、バックエンド側のテーマを大きく取り上げている。

今回、同社は「Surface Hub 2S」を2019年第2四半期にリリースすると発表した。 

引用元:CNET Japan

 

新製品を出すようです。

youtubeに動画が上がってましたが、確かにこれは凄い。

会社にあると滅茶苦茶便利だと思います。

是非売れて欲しいものです。

www.youtube.com

 

 

 4.アマゾン、グーグルと飢饉対策で協力へ

 

マイクロソフト、アマゾン、グーグル、世界の飢饉対策に協力へ

IT最大手のマイクロソフトMicrosoft)、グーグル(Google)、アマゾン・ドットコム(Amazon.com)の3社は、世界銀行(World Bank)および国連(UN)と連携し、データ分析や人工知能(AI)を駆使して開発途上国における飢饉(ききん)の検知と未然防止に協力していく。

 引用元:AFP=時事

 

業績に直接貢献するものではないですが、大変素晴らしい事ですね。

ESG投資という意味で、投資家の注目を集めるかもしれません。

 

 

以上、こんな感じです。

 

1が競争のし烈さを感じさせますが、基本的には何れも良いニュースだと考えています。

 

マイクロソフトが着実に進んでいることが感じられました。

 

今後も頼むぞ!ヽ(゜ー゜*ヽ)

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村