風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

トルコリラ(+南アフリカランド)まとめ(9月第1週)

f:id:Ithere:20180728084956j:plain

おはようございます、けんしんです。

 

今週はトルコリラの記事は少な目になりました。

たくさん書く=問題が起こっているという事でもありますので、案外この位の方が良い気もします。

 

それでは、定例のまとめをしたいと思います。

トルコリラがメインですが、南アフリカランドも過去の名残でちょっとだけ)

1.トルコリラ

f:id:Ithere:20180908085528p:plain

2.南アフリカランド

f:id:Ithere:20180908085629p:plain

 

 

■ここ一週間の騰落

 1.トルコリラ:16.98円→17.26円(+1.65%)

 2.南アランド:7.57円→7.28円(▲3.83%)

 

トルコリラが上昇する一方で、南アフリカランドが下落しました。

南アフリカGDPの結果が悪く、2009年以来の景気後退との報道が出ていたのでその影響でしょうね。非常に苦しいと思います。

 

■発表された指標

1.トルコ

 9/3 8月消費者物価指数(前月比):2.30%(予想2.23%、前回0.55%)

 9/3 8月消費者物価指数(前年同月比):17.9%(予想17.60%、前回15.85%)

 9/3 8月生産者物価指数(前月比):6.60%(前回1.77%)

 9/3 8月生産者物価指数(前年同月比):32.13%(前回25.00%)

 9/3 製造業PMI:46.4(予想51.9、前回49.0)

 

2.南アフリカ

 9/4 4-6月期GDP(前期比年率):ー0.7%(予想0.7%、前回-2.2%)

 9/4 4-6月期四半期GDP(前年同期比):0.4%(予想1.0%、前回0.8%)

 9/6 4-6月期四半期経常収支:-1638億ランド(予想-1480億、前回-2290億)

 

 

 

トルコは消費者物価指数・生産者物価指数が共に悪化の一途を辿ってますね。

8月と言えば先月のセリクラがあった時ですね。それは悪化もしますね(;^_^A

 

ただし、数字だけ見れば酷いものですが、為替レートへの影響はありませんでした。

先月のリラ安が酷過ぎたため、予想より悪いことも想定済みだったのかも知れません。

 

上記、指標以外で今週は大きな材料は特に発生しませんでした。

 

ただし、今後注意すべき点が幾つかありました。

jp.reuters.com

シリア政府軍が、反体制派の最後の拠点であるイドリブ県に、総攻撃を開始するとの観測が強まっているようです。イドリブ県はトルコとの国境にあり、国連によると250万人の難民がトルコに押し寄せる可能性があるとのこと。

 

実施されたらトルコにとって最悪ですね。為替も荒れそう…

エルドアン大統領が焦るのも分かります(;´・ω・)

 

 また、こちらのニュースも注目ですね。

jp.reuters.com

エルドアン大統領の圧力で、利上げは出来ないという認識でしたが、トルコ中銀が次回会合で利上げを示唆したとのこと。

消費者物価指数(前年比)が+17.9%の状況で、現在の金利17.75%は全く足りていないので、実施してくれれば嬉しく思います。

ただし、中途半端な利上げでは効果薄なので、過度な期待は禁物ですね。

また、本当に実施できるの??という懸念は依然残ります。

9/13は要注意ですね。

 

また、米国との関係で懸念となっているブランソン牧師についてですが、起訴した検察官が異動となり、ブランソン氏の釈放観測が出ているみたいですね。

実現すれば、大変ありがたい話です。個人的にも期待してます。

 

という事で、次週に向けて、以上3点が注目ですね。

 

1.シリア政府が反体制派に総攻撃するのかしないのか??

2.9/13に利上げを実施するのかしないのか??

3.ブランソン氏解放は実現するのか??

 

これら次第で上も下もあり得ますが、悪材料のオンパレードだった時期に比べれば、市場心理は良くなっている気がします。

 

ただ、シリア政府の総攻撃は、トルコリラのみならず、原油や株式など他の資産への影響も極めて大きいと思います。

 

これが実現したらかなりマズいんじゃないか??と思う次第です:(;゙゚''ω゚''):

 

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村