風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

S&P、ムーディーズがトルコ格下げ

おはようございます、けんしんです。

 

昨日、S&Pムーディーズがトルコの格付見直しを発表しました。

 

1.S&P

現状:BB−安定的

変更後:B+安定的(1段階格下げ)

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」に | ロイター

 

2.ムーディーズ

現状:B a2 安定的

変更後:B a3 ネガティブ(1段階格下げ、見通し変更)

トルコ格付けを「Ba3」に引き下げ、見通し「ネガティブ」=ムーディーズ | ロイター

 

ちなみに、先月フィッチがBB+からBB(ネガティブ)に格下げしていたので、全ての格付会社が格下げした事になります。

 

今回、S&Pムーディーズが共に格下げしましたが、見通しについては判断が分かれています(S&Pは安定的を維持、ムーディーズはネガティブに修正)。

 

今のトルコはお世辞にも安定しているとは言えないので、S&Pが安定的を維持したのは少し驚きでした。

 

格下げニュースが出てもレートは動かなかったようですが、週明けのリラ市場が無風なのか荒れるのか注意ですね。

 

既にジャンクまで下がっていたため影響が小さいと判断されたか、織込み済みだったという事でしょうか?

 

本件は無風でも土日にまたニュースが出て荒れる可能性もありますが。

 

ブランソン牧師解放とかしてくれればありがたいんですけどね(*´Д`*)

 

ただ、アメリカの要求が厳し過ぎるというのもその通りと思います。

 

トルコ側にだけ妥協を迫るのも酷な面もありますね。

 

何とか踏み止まって欲しい!

 

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村