風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

トルコリラ強制決済から2日が経ち

おはようございます、けんしんです。

 

トルコリラの強制決済より2日が経ちました。

 

一昨日の強制決済の記事について過去1番の訪問、並びにINポイントがありました。


大した事のない内容にも関わらず、ご訪問いただいた方、INポイントを付けて下さった方、スターを付けていただいた方、真にありがとうございますm(_ _)m

 

強制決済で落ち込む中で、大きな励ましになります。

 

他のリラブロガーの皆様の状況報告も増え、思ったより多くの方がやられてしまったようですね。同じしんどさを共有した身として非常に残念に思います。

 

トルコリラのブログを読むのが好きなので、これを機に辞めてしまう方もいるのかなと思うと寂しく思います。

 

強制決済があった時、前々からあり得ると覚悟していてものの、さりとて吹っ切れた訳でもなく、悶々とした状態を過ごしています。

 

時々、思い出してため息をつく事もあり、周りにも迷惑を掛けています。

 

幾ら投資の勉強を重ねても(投資本や経済本は100冊以上読んだはず)、この辺りの感情のコントロールは大変難しいものです。

 

リーマンショックでは株価が半分以下になるものも多かったですが、損失さえ確定しなければその後の回復に乗ることが出来ます。

 

実際そうすることで、株式投資についてはリーマンショックを乗り切ることが出来ました。

 

しかし、今回のトルコリラは強制決済なので損失確定に該当し、資金を追加しなければ回復しても資産の持ち直しは微々たるものです。

 

多くの投資本にも書かれていますが、投資において1番大切なのは生き残る事で、今回のように再起が難しい負け方はまさに最悪の負け方と言って良いですね。

 

今回、FXは敗退となりましたが、トルコの影響が国際社会にまで及んでますので、株式投資についても警戒せねばなりません。

 

FXについての総括は落ち着いたらしようと思いますが、生き残る事が全てに優先するというのは骨身に沁みました。

(頭で分かっているつもりでしたが、本当につもりで終わってました)

 

まずは気持ちの平穏を取り戻す事が一点、次に期待するだけという甘い姿勢は捨てて投資に向き合うのが二点というところと思います。

 

言うは易し、するは難しですが頑張ります。

 

トルコリラ地獄のような1日(ロスカットされました) - 風林火山 投資録

 

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村