風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

決算2戦目は良好(ゴールドマンサックス、ジョンソン&ジョンソン、IBM)

f:id:Ithere:20181020213748j:plain

おはようございます、けんしんです。

 

決算初戦は惨敗という結果でしたが、先日第2弾が発表されました。

今回は、ゴールドマン・サックス、ジョンソン&ジョンソン、IBMです。

 

既に他の方も書かれてますがご容赦ください。

 

ゴールドマン・サックス

 EPS:$5.98($4.46)

 株価:231.44→231.02(▲0.18%)

米ゴールドマン、第2四半期は44%増益 新CEOにソロモン氏 | ロイター

 

 ジョンソン&ジョンソン

 EPS:$2.10($2.07)

 株価:124.69→129.11(+3.54%)

米J&J、第2四半期業績が予想上回る 医薬品部門好調 | ロイター

 

IBM

  EPS:$3.08($3.04)

  株価:143.49→149.24(+3.27%)

IBM、第2四半期業績は予想超え クラウドなど高利益率事業が好調 | ロイター

 

注:EPSのカッコ内は市場予想

 

 

所感

ゴールドマン・サックスの決算はJPモルガン同様、良いものでしたが、やはりというべきか株価は下がりました。米銀株の意地でも決算で上げないという強い意志力を感じます(笑)

 

 ジョンソン&ジョンソンの決算も良いものでした。生活必需品セクターは下げ基調であったため、素直に反応してくれるか不安もありましたが、株価も無事上げてくれました。先日のベビーパウダー関連訴訟の敗訴をある程度払拭してくれたと考えています。

 

IBMは売上高・利益が共に市場を上回りました。減少傾向だった売上高に復調の兆しが出たのは嬉しいですね。また、将来の成長アクセルであるクラウドが好調というのも良いニュースです。時間外で株価は上昇しております。先週IBMを買った判断は一先ず勝ちと考えています。

 

さて、持ち株の決算が6つ終了となかなかハイペースです。

 

 ホッと一息というところですが、本日は私が一番大事にしているマイクロソフトの決算です。

 

ネットフリックスの決算ミスを見てだいぶ心配ですが、良い決算を出すことを心から願っています(,,=人=,,)

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村