風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

VTI売り、IBM買い

ドル円が1ドル=112円まで円安が進んでますね。

理由が分からないためびっくりしています(嬉しいですが)

 

おはようございます、けんしんです。

 

表題の通り、永遠の不発弾IBMを購入いたしました。

(代わりにVTIを売却)

 

実は、IBMは新規購入という訳ではなく、2010年に購入し、2016年に売却、そして今回の買いと来てますので、2年ぶりにホルダーに戻った形になります。

 

IBMは、私が買った翌年にバフェットも買い、私が売った翌年からバフェットが売り始めと、常にバフェットに先行した点から、自信とちょっとした自惚れを感じさせてくれた銘柄です。

 

今回、バフェットの完全撤退後に購入した形になりますので、真逆の行動を取った形になります。

 

IBMは多くのブロガー諸賢が分析済みなので、長々と書くつもりはないですが、私が買った理由は下記となります。

 1.業績・株価に底打ち感が感じられる

 2.ハイテク銘柄の中で割安感が抜きんでている

 3.バフェットの完全撤退により、逆に需給面は良くなると判断

 

一方、問題点は下記になると思われます。

 1.現在実施している業務再編の行方が不透明

 2.投資家の期待する決算が出せていない

 3.(詳しい情報を持っているであろう)バフェットが完全撤退した

 

ちなみに、他に候補として考えた銘柄は下記となります。

 1.アマゾン:超優良企業なのは疑いないが、適正価格が全く分からない

 2.エヌビディア :割高で下落に転じた時に逃げられる自信がない

 3.マイクロン:インテルと被る

 4.グーグル:最後まで悩んだが、優良企業より敢えてダメな企業を選びたい気持ちが勝った

 

 

決算前に買う事はリスクの大きさを感じるものの、投資は度胸な面もありますので、攻めてみました。

 

決算後、後悔しているかもしれませんが、その時はその時で。

 

侵掠すること火の如く_( っ`ω、)っ

 

後日追記:7/17に発表した決算は市場予想を上回る良いものでした。一先ず本投資は成功と判断します。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ