風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

資産まとめ(2018年6月)

おはようございます、けんしんです。

 

6月も終わりました。

もう、2018年も半分が終わったかと思うと驚きです。

 

7月に突入しましたので、簡単に資産の振り返りをしたいと思います。

ちなみに、私は月始めの土日に資産額を取るようにしています。

 

1.全体推移

前月より0.2%下落しました。年初からの累計ではマイナス4.8%です。

貿易戦争の激化の直撃と個別銘柄の悪材料のダブルパンチでした。

上げてるセクターは上げてるだけに、どのセクターに重点投資していたかで明暗が分かれた印象です。

(ヘルスケア、生活必需品、エネルギーセクターメインの人は6月上がってたはず)

 

 

2.FX

下がったと思っていたのですが微増でした。

大統領選があったトルコリラは意外にも先月より上昇しました。

しかし、今まで奮闘してくれていた南アフリカランドが大きく下げたため、合算すると微増に止まりました。

 ただし、ここ2,3日でトルコリラがまた下げてますので、このまま行くと来月は悲惨な事になりそうな…

 

 

2.米国株

全体としては、やや減少しました。

 GE・インテルに悪材料が発生し、大きく値を落としました。

特にインテルの下げが凄まじく10%近く下げました。

 今月、生活必需品・ヘルスケアセクターの下げ止まり感を感じたため、同セクターを買い増しました。

(セクター比率:10.8%⇒14.7%へ上昇)

現時点では、この買いは当たりだったのでほっとしています。

 

 

3.日本株

全体としては、横ばいでした。

小型株が奮闘したものの、貿易戦争の影響を受ける銘柄(自動車・鉄鋼)が大きく下落しました。

貿易戦争次第では更に下げる可能性があるのが注意点ですね。

 

 

4.次月に向けて

配当再投資・売却資金による購入のみに止め、新規の資金投入を行わない方針を堅持。

イールドカーブのフラット化など、景気後退を暗示する動きも強まり、警戒しています。

 ただし、割安株も多くみられるため、新規投入して買いたい衝動に駆られることもあります。我慢我慢。

 

 

7月は決算発表があり、大きく値が動く可能性があります。

良い決算を出して株価も上げて欲しいですが、果たして…

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村