風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

東京電力株と新潟県知事選2

おはようございます、けんしんです。

 

ご存知の方も多いと思いますが、日曜の新潟県知事選挙で与党系候補の花角英世氏が当選しました。

 ■投票数

546,670 花角 英世

509,568 池田 千賀子

  45,628 安中 聡

 

出口調査ではほぼ互角だったのに、差がついたのは期日前投票の影響かも知れません。

 名護市長選もそうでしたが、期日前投票では与党に多く票が入る傾向があります。

 

さて、花角氏が勝利したことで、東電株は上がっているかな?と思って見たところ

f:id:Ithere:20180611215807p:plain

(ヤフーファイナンスより)

清々しいまでの寄り天でした。
552円(+41円)で始まったものの、終値が514円(+3円)はだいぶ悲しいですね。

 

この辺りはいつもの事と言えばいつものことかも知れません。

米国株では、IBMが永遠の不発弾と称されてますが、日本株の永遠の不発弾は東電と言っていいと思います。

 

勿論、割安なのは相応のリスクがあるからなのですが。

(原発再稼働問題、廃炉費用、賠償金問題、訴訟費用)

 

 私も保有こそしていますが、他の人に勧めるかと言ったら勧めないですね。

 

昨日、最終的にほとんどあげなかったのは、

 ①花角氏の勝利は織り込み済みだった

 ②花角氏が勝ったとは言え、原発再稼働はまだ楽観できない

のどちらかだと思います。

 

直前は接戦予想だったことを考えれば、恐らく②だと思います。

花角氏は原発再稼働賛成とは明言していませんし、県民の再稼働反対は6割にも及びます。

勝ったからと言って直ぐに再稼働とは行かず、実現したとしても紆余曲折あると思われます。

(そもそも再稼働に至らない可能性もあります)

 

しかし、道険し&リスクが大きいとはいえ、着実に財務体質が好転しているのも事実。

また、池田氏が勝つより、東電株にとって良い結果というのも間違いありません。

 

辛抱との戦いではありますが、現時点で売る理由はありませんので、ホールドし続けようと思います。

 

 既に石の上にも三年越えてるので、そろそろ花開いてくれたら嬉しいですね。

 

動かざること山の如し。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ