風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

金融株の下落と今後の方針

おはようございます、けんしんです。

 

金融株が下落しております。

理由は、イタリアの政局懸念からFRBが2018年内に3回利上げをするという見通しが後退したからです。

これを受けて、米国10年債利回りが急降下しています(=債券価格上昇)。長短金利差の縮小は金融機関の収益に打撃を与えます。

 

私の米国株ポートフォリオは金融株への比重が大きいためかなりダメージを受けております。

先月の決算期で高配当株ホルダーの皆さんが受けた下落を、別の形で受けているというところですね。大きく下げるのはだいぶ堪えます。

 

こうした状況では

 1.買い増し

 2.現状維持

 3.売却

何れの対応を取るか考える必要があります。

 

先月の高配当株ホルダーの皆さんは「1.買い増し」に動かれた方が多いように思います。株価下落は一時的なもので、長期的な企業価値は不変との判断と思います。

 

一方、私は現時点では「2.現状維持」と致します。

1.売らない理由

  ・本件はリスクに過ぎず、実際に問題が顕在化したわけではない

  ・利上げの回数は減少したとしても、大枠の方向性は不変

  ・今回の下落でリスクはそれなりに織り込んだ(はず)

2.買わない理由

  ・今後更に下げる理由がある中で、買い進む勇気がない

  ・金融株にリスクがある状況で、金融セクター比率を更に高めるのは危険

 

こんな感じですね。ここから更に状況が悪化するようでしたら、一部売却を考えます。

売る場合の対象は損益がトントンのウェルズ・ファーゴにする予定です。

 

他のブロガーの皆さんのように自分の投資対象に自信を持っていれば買い増しに動くと思いますが、私は常に悩みながら投資しているので、慎重に行動致します。

 

動かざること山の如し

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村