風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

エクソン・モービル(XOM)売却、バンガードETF(VTI)購入

おはようございます、けんしんです。

 

最近、FX(トルコリラ)ばかりに神経が向いていて株式はやや放置気味ですが、先週末ちょっと動きました。

 

具体的には、エクソン・モービル(XOM)を売却し、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)を買いました。

 

XOMを売った理由は、OPECの協調減産緩和の動きを受け、原油価格が大きく下げたためです。トレンド転換の可能性を考慮し、一旦ポジションを外しました。

f:id:Ithere:20180527011747p:plain

(ブルームバーグより)

 

また、原油価格が70ドルまで上昇しているにも関わらずXOMの株価が低迷し、お荷物銘柄になっていたこと。

2018年の実現損益が益方向に振れているため、含み損のXOMをいったん確定させて、通算益を減らしておうと考えた面もあります。

 

しかし、原油価格の先行きはっきり言って分からないので、売却が裏目に出る可能性もあります。この辺りは運次第の面もありますね。

 

売却資金については、キャッシュポジションを増やすのもありかと思いましたが、株式市場にお金を置いておきたいという気持ちが勝り別の銘柄を買う事に致しました。

 

 ただ、今の状況でピンとくる銘柄がなかったので、一先ず無難なVTIを買いました(IBMかWFCで悩みましたが一旦は見送り)。

VTIについては、仮の置き場という面もありますので、何か良い銘柄があれば乗り換えるかもしれません。また、原油が落ち着いたらXOMに戻す可能性もあります。

 

一方、個別投資より、インデックス投資の方が合理的という事は重々承知しているので、このままVTIを持ち続けるかもしれません。

 

また悩みの種を増やしたようにも思いますが、状況を踏まえて出来る限り良い判断を下せればと思っています。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村