風林火山 投資録

疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し

ゼネラルエレクトリック(GE)との復縁

こんにちは、けんしんです。

 

先月、10年近く保有していたゼネラルエレクトリック(以下、GE)を売却しましたが、先日また買い戻しました。

 

結局、持っていなかった期間はわずか1か月で、長年付き合った彼氏彼女と別れたものの忘れられず直ぐにヨリを戻した時と似た感じがありますね。

 

私は、株は中長期で持ちたいと思っており、回転が速いのは手数料分損するので本来は良くないやり方と考えております。

 

しかし、最近のGEの動きを見ていると、ひたすら下がり続けていた状況から、市場全体の動きからあまり逸脱しない動きに変わっているように感じられました。それ故、下げ止まりの時期が来つつある??と思い、再参入を意識していました。

 

また、GEを売った資金はエクソン・モービル(以下、XOM)に向けていましたが、最近の中東情勢はシリア攻撃時から徐々に落ち着いて来ています。この状況が続けば原油価格、ひいてはエクソンモービルの株価も上がりにくくなるのではないか、それなら短期的には売ってもいいかなと思い始めました(ただし、GEから振り向けた分のみ、従来から持っていた分はそのままホールド)。

 

このように、GE→XOMへのシフトについて腹落ちしないものを感じていました。このままもやもやするなら、 当時の判断に逆らうが、GEを買戻した方がすっきりするのではないか、そう考え買戻しを決意致しました。

 

 

 

そして、4/19(木)にXOM売り、GE買戻しを実施致しました。幸いにもXOMは値上がりした状態で売ることが出来、GEは(わずかですが)値下がりした値で買うことが出来ました。手数料分損するという状況は避ける事が出来ました。

 

 しかし、GEを買い戻したは良いものの翌日(4/20)はGEの決算です。場合によっては、とんでもない決算を出し、大幅に下落する可能性もあります。

 

買戻しに際して覚悟していたつもりでしたが、実際に持つとより現実的な恐怖となって降りかかって来ます。朝起きて冷静に考えると、「昨日の自分は大きな間違いをしてしまったのではないか」とビクビクしながら4/20を過ごしていました。

 

そして、いよいよGEの決算発表。何とまさかの好決算で値上がり、この時は心の底からほっと致しました。

 

決算は、

 ①決算自体が良い内容か

 ②その決算を市場が好感してくれるのか

 

の2点が重要で、GEの場合、①はクリアできても、そのあまりの評価の低さ故、②を達成するのは難しいと考えていました。特に米株は②でこけるケースが本当に多いです(金融や最近なら生活必需品もそうですね)。

 

今回の行動について、一旦は上手く行ったものの、リスキーな判断をしたという思いはあり、成功だったか失敗だったか、暫く時間をおかないと分からないと考えています。

 

自分なりに考えた上での買戻しなので後悔はありませんが、暫くは不安も感じながらGEと付き合う事になりそうです。

 

www.kenshin.xyz 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ