けんしんの株式投資

米国株・日本株・トルコリラについて思う事をつらつらと書いています

欧州

ギリシャ危機を引き起こしたチプラス首相が遂に退陣

けんしんです。 久しぶりに懐かしい名前を見ました。 ギリシャで総選挙があり、中道右派の野党勝利となり、チプラス首相が退任するようです。

メイ英首相が5月24日に早期辞任、「合意なき離脱」の可能性が高まったか…

けんしんです。 昨日書いた内容と重複する面もありますが、ご容赦ください。 6月上旬の辞任が既定路線だったメイ首相でしたが、その前に辞任してしまうようです。 読売新聞からです。

ブレグジットを巡り、メイ首相は退陣寸前まで追い込まれたようですね

けんしんです。 最近、米中貿易戦争が熱いですね。 私も含めて投資家の視線は貿易戦争に向いています。 しかし、ブレグジットの方でも動きがあるようです。 ブルームバーグからです。

【ブレグジット】EU離脱代替4案否決、イギリスの迷走は続く

けんしんです。 昨日、イギリスではEUからの離脱をめぐり、首相案以外の代替4案について採決が行われたようである。 既に3/27に代替8案が否決されていたが、今回選択肢を絞って4案を再投票したものである

英議会、メイ首相のEU離脱修正案を否決、次は合意なき離脱案採決へ

けんしんです。 予定調和と言えば、予定調和だけど、3月12日の英議会で、EU離脱案が否決された。 予め示されていたスケジュールは下記の通りで、トップバッターの「EUと合意された離脱案」が否決された形である。

イギリスのEU離脱(ブレグジット)を巡り、孤軍奮闘のメイ首相に同情する

けんしんです。 イギリスのメイ首相は、EUの合意案に議会が同意しない場合は、EUへの離脱延期、合意なき離脱について採決を実施すると述べました。

イタリアの政局不安2(NY市場への波及)

おはようございます、けんしんです。 昨晩のNYダウはイタリアの政局不安で大幅続落しました。本件には少し前に触れましたが、最近更に悪化しているみたいですね。

イタリア政局不安1(危機の萌芽)

こんばんは、けんしんです。 私は朝に主要国の株価・金利・為替をチェックするのを日課にしているのですが、今朝(5/16終値)イタリアの金利が1.94→2.11%と急上昇していました。