けんしんの株式投資

米国株・日本株・トルコリラについて思うことをつらつらと

任天堂「スイッチ」が中国販売で株価上昇、テンセントに認可

けんしんです。 任天堂「スイッチ」の販売が中国で認可されたようである。

モルガン・スタンレー(MS)は好決算、米銀の決算が終了【2019年1-3月期】

けんしんです。 昨日は米銀最後となったモルガン・スタンレーの決算があった。 米銀はJPモルガンに始まり、モルガン・スタンレーで終わるのが最近の流れである。 4行連続で来るので緊張の連続である。 昨日、ようやくその波が終わった。

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)は好決算、IBMは決算ミス【2019年1-3月期】

けんしんです。 昨日はジョンソン&ジョンソンとIBMの決算発表があった。 両銘柄ともかつて保有していたこともあり、今も気にしている。

ゴールドマンサックス&シティグループの決算発表。株価が大幅下落(-_-;)【2019年1-3月期】

けんしんです。 先週金曜のJPモルガンで幸先の良いスタートを切った決算発表だが、昨日ゴールドマンサックスとシティグループの決算があった。 JPモルガンの流れに乗ってくれたら嬉しかったが、残念な結果となった。

マイクロソフト(MSFT)が120ドル突破、アップル(AAPL)も200ドルを一時回復で良い感じ

けんしんです。 最近、株式市場全体が上がっており、投資家の雰囲気も明るくなっている。 私の持ち株も全体的に上がっており、特に情報技術セクターのパフォーマンスが良い。 例えば、マイクロソフトが120ドルを突破し、アップルが200ドルを一時回復した。

トルコリラまとめ(2019年4月2週)アメリカに警告されたり、外貨準備が減ったり

けんしんです。 先週は米国株が大きく上昇しました。 しかし、一方で日本株とトルコリラは振るいません。 日本株は含み益があるので大丈夫ですが、トルコリラは余裕が少ないので焦ります。 では、今週のトルコリラまとめです。

JPモルガン(JPM)とウェルズ・ファーゴ(WFC)の決算は明暗分かれる【2019年1-3月期】

けんしんです。 速いもので決算期に突入した。 私の持ち株ではJPモルガンがトップバッターである。 かつて保有していたウェルズ・ファーゴも同日発表なので合わせて記録しておきたい。

安倍首相が「就職氷河期世代への支援」を指示、是非とも実施すべき

けんしんです。 共同通信より。 安倍首相が、就職氷河期世代の社会人への支援を指示したようである。 私も就職氷河期最後の世代であるため、非常に興味を引いた。 これは是非とも実施して欲しい。

EU、ボーイング補助金に報復関税準備とか。ボーイングは大丈夫だと思うが…

けんしんです。 ブルームバーグより嬉しくないニュースが。 アメリカがボーイングに補助金を出していることに対して、EUが報復関税を準備しているとのこと。

物言う株主「サード・ポイント」がソニー株式を取得。ソニー株の起爆剤になるか。

けんしんです。 ソニーが物言う株主として名高い「サード・ポイント」に株式を取得されたらしい。 サード・ポイントはソニー株を買い増し、経営改革を迫る予定とのこと。 これを受けてソニー株は9%と大きく上昇している。

「秒速で1億円稼ぐ条件」の与沢翼氏が資産70億に返り咲いていた

けんしんです。 個人的に「おっ」と思ったニュース。 著書「秒速で1億円稼ぐ条件」で有名で、その後破綻した与沢翼氏が富豪に返り咲いていたとのこと。 氏のスタイルに好き嫌いはあると思うが、どん底から這い上がってきたのは立派だと思う。

債券市場と株式市場の景気見通しが逆、どちらを信じるべきか

けんしんです。 最近の市場の不思議として、債券市場と株式市場で楽観・悲観が逆というものがある。 具体的には、債券市場が悲観で、株式市場が楽観である。

トルコリラまとめ(2019年4月1週)地方選挙後のリラは低位安定

けんしんです。 おっかなびっくりのトルコ地方選挙もようやく終了。 選挙結果は与党のやや負けといったところ。 不透明感が消えて、リラ上昇を期待したいところだが果たして。 それでは、今週のリラまとめです。

同級生に投資で140億円稼いだ人がいる【片山晃氏】

けんしんです。 今回は私自身というより、同級生の話で恐縮なのですが、投資で140億円稼いだ人がおります。 タイトルに書いていますが、それは片山晃氏です。 片山氏はニュースやテレビにも出ていますので、ご存知の方もいるかもしれません。

ダウ・デュポン(DWDP)から新生ダウ(DOW)のスピンオフが実施された

けんしんです。 かねてより公表されていたダウ・デュポン(DWDP)のスピンオフが実施された。 元々ダウ・デュポンは、ダウ、デュポン、コルテバ・アグリサイエンスの3社に分割される計画で、今回実施されたのは、1発目のダウ(汎用化学事業)のスピンオフである。

【ブレグジット】代替4案否決、イギリスの迷走は続く

けんしんです。 昨日、イギリスではEUからの離脱をめぐり、首相案以外の代替4案について採決が行われたようである。 既に3/27に代替8案が否決されていたが、今回選択肢を絞って4案を再投票したものである

新元号は『令和(れいわ)』に決定。日本人らしく素晴らしい元号と思います。

けんしんです。 本日、『平成』の次の新元号が決定しました。 皆様ご存知だと思いますが、『令和』となりました。 4月30日で『平成』が終わり、5月1日から『令和』となります。

トルコリラまとめ(2019年3月5週)選挙不安でリラが乱降下した一週間

けんしんです。 今週はリラホルダーにとって肝を冷やした一週間だった。 リラが乱降下して気が気でなかった人も多いだろう。 もしかしたらロスカットされた人もいるかも知れない。 さて、いよいよ今日に懸念された地方選挙がある。 引き続き明日以降の値動き…

個人投資家のトルコリラ買い持ちポジションが多いとか

けんしんです。 最近トルコリラが下げているが、下げ幅を縮小したとは言え今日も続落した。 選挙を前にどのようなレートで今週を終えるのか、気になるところである。

トルコリラ再び急落、トルコ株も大幅下落

けんしんです。 昨日トルコリラが上昇したと調子に乗った記事を書いたが、本日再び下落となった。 しかもトルコ株も落ちるというオマケ付き(株式は保有していないが)。 調子に乗って直ぐ下げる辺り、全くもって己の不明を恥じるばかりである。

トルコリラ全戻し、スワップレート10倍の衝撃

けんしんです。 トルコリラに関して、昨日も意外と書いたけど、更に意外な事が続いた。 金曜日に20.20円→19円と急落したトルコリラについて、現時点で下落分を全て取り戻した。 現在、20.20円台で推移しているが、一時期20.70円に達したようである。 金曜の…

株式市場の更なる下落はなかったようで安堵

けんしんです。 3/22(金)に米国株が大きく崩れ、その流れに沿う形で3/25(月)の日本株も大きく下落した。 昨日の日本株の下げまでは覚悟していたけど、焦点になるのは下落の継続性。 即ち、これ以降の米国株・日本株がどうなるかという事である。

パウエル議長の発言以降、銀行株が急落している

けんしんです。 先週は株価が大きく下落した週だった。 FOMC後のパウエル議長の発言がハト派寄り過ぎで、市場の不安を誘発したのが理由である。 株式市場全体が下落したが、私のポートフォリオでは、特に銀行株の急落が影響が大きい。

トルコリラまとめ(2019年3月4週)リラ暴落の時来たる??

けんしんです。 最近のトルコリラは大変きな臭い。 景気後退入りが確実で、選挙の懸念もあるなど、全く良い見通しが描けない。 正直、ポジションを減らした方が良いか?と思う面もある。 そんな中で起こってしまった暴落… では、今週の振り返り。

マイクロソフト【MSFT】より配当を受領(2019年3月)

けんしんです。 金曜の下げは本当酷かった。。 寝る前も「ぎゃー」だったが、起きてからも「ぎゃー」である。 直ぐに反転して欲しいが、果たしてどうなるか。 さて、保有株のマイクロソフトから配当を受領した。 1株当たり配当は0.46ドルで、320株保有してい…

株価が上昇しているが、機関投資家は株式保有を減らしているらしい

けんしんです。 ブルームバーグを見ていたら、「おっ」となった記事を見つけた。 何でも、バンクオブアメリカによると、機関投資家の株式保有は2016年以降の低水準とのこと。 ここ最近の株価上昇でポジションを減らしたようである。

3社スピンオフを控え、ダウ・デュポン(DWDP)をどうするか

けんしんです。 私の保有するダウ・デュポンがいよいよ3社に分割される時期になった。 会社分割は手続きが大変そうなので、保有を続けるか売ってしまうか悩んでいる。

つみたてNISAに「SBI・新興国株式インデックス・ファンド(雪だるま) 」を加える事にした

けんしんです。 先週、NISA⇒つみたてNISAに切り替え、eMAXIS米国株式と楽天VTIを半々買う事にした。 一旦、米国株100%で開始したものの、この度、購入銘柄に「SBI・新興国株式インデックス・ファンド(雪だるま)」を加えることにした。

トルコリラまとめ(2019年3月3週)トルコ遂にリセッション入りへ

けんしんです。 最近、風邪でダウンしてしまいました。 年度末は仕事の負荷が上がるため、体調を崩しがちになります。 だましだましでやってましたが遂に限界が来ました。 明日には治って欲しいですが、果たしてどうなるか…

マイクロソフト(MSFT)高値更新の喜びとフェイスブック(FB)急落の悲しみ

けんしんです。 昨日の相場は嬉しいような悲しいような。 私の主力銘柄であるマイクロソフト(MSFT)が高値を更新した一方、そのマイクロソフトの一部を乗り換えたフェイスブックが急落したからである。